地元企業の一つが、食用油への付加価値税(VAT)の導入によって30%の値上げをする調理油製造業者を糾弾するマラウイ歳入庁(MRA)を非難した。

MRAによると、製造業者による食用油の値上げは、生活必需品への16.5%のVAT課税の導入にか関係ないはずだとしている。
販売業者は、値上げはVATの再導入と原油価格の上昇によるものとしている。

2017年に食用油へのVATが廃止されてから、食用油の分野は活況となり、これは過去3年間の食用油製造業者の販売実績による収入の増加で証明されている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください