【マラウイニュース】財務省がK4,970億の赤字で年度を締める

Treasury closes year with K497bn deficit

2021年8月14日 | THE NATION

財務相が2020/21年度でK4,970億の赤字を計上し、前年度よりもK4,253億1,000万高い赤字となっていることがマラウイ中央銀行(RBM)のデータでわかった。

7月の通貨政策レポートに含まれているRBMのデータによると、前年度の最終期に締められた予算状況は、その前期のK1,892億3,000万の赤字よりも少ないK568億9,000万であったが、歳入は歳出によって縮小され続けている。

徴税における歳入という点では、2020/2021年度予算は、K2兆1,900億からK2兆3,340億へ増加修正されており、合計歳入と海外資金受け入れは、K1兆4,350億からK1兆5,230億へ増加させており、国内総生産の16.5%となる。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です