【マラウイニュース】警察とカバザがチョロで衝突

Police, Kabaza operators clash in Thyolo

2021年6月22日 | Malawi 24

警察がバイクタクシーを没収する決定を行ったことから、カバザ事業者たちが車道を封鎖し、交番に投石を行い、警察は催涙弾を発砲せざるをえなくなった。

22日にの朝方、警察は、バイクは登録しなければならないという政府命令に従ってすべてのカバザのバイクを没収していた。

この一連の没収にカバザ事業者は不満を表し、抗議することにした。
警察は通常通り催涙弾ですべての抗議者らを鎮圧し、これによってチョロ・ボマのマーケットで働くすべての人々に影響がでていた。抗議は継続されたが、没収されたバイクは返還されなかった。


バイクタクシーについてはこちらの記事を参考にしてください。
アフリカ、マラウイのバイクタクシーにはどう乗る? | 【マラウイで国際協力】マルクストマスク

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。