【マラウイニュース】調査結果が電力分野に警告

Study cautions on power sector reforms

2021年8月5日 | THE NATION

国家計画委員会(NPC)が、電力分野での多くの改革が持続性がなく、コーポレートガバナンスと管理実施の問題に取り組まなければ、逆効果だと伝えている。

マラウイでのビジネス親和性への電力分野の改革を費用対効果で分析することに注目している、2021年NPCマラウイ優先事項書は、過去5年でのミレニアムチャレンジ協業(MCC)のエネルギーコンパクトを通じて改善が行われてきたにも関わらず起きる可能性があるとしている。

この報告書によると、MCCコンパクト電力分野改革の前に、電力供給公社(Escom)は、不十分な管理能力、不対応なカスタマーサービス、脆弱な内部コントロール、政治介入、不透明性などに関する事業実施とガバナンスの問題に苦しんでいるという。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。