【マラウイニュース】証券取引所がより多くの人の利用へ

MSE moves to reach out to more people

2021年2月17日 | THE NATION

マラウイ証券取引所(MSE)は、より多くの人々に金融サービスを提供することを目的としたモバイル取引プロジェクトが具体化しつつあると伝えている。

このプロジェクトは、国内の株式市場が金融での包摂の課題を解消するための方法の一つで、現在設計段階にある。

このプロジェクトは、マラウイの人々の大半が、16窓口ある証券取引所への投資を通じて資本市場に参加していない現状を踏まえて行われている。

先週火曜日に行われたインタビューで、MSEの最高経営責任者は、このプロジェクトを通じて、地元の取引所はマラウイ2063に沿った富を創出し、多くのマラウイ人が金融サービスや投資にアクセスできるようにしたいと考えていると話している。

その後、MSEは株式市場内外からの資金調達を強化したと伝えている。
「しかし、このプロジェクトを実現するために、既存の金融包摂プロジェクトを持つ開発パートナーに働きかけて、私たちを取り込んでもらうことを続けています。」と話している。

MSE最高経営責任者は、このプラットフォームを通じて、MSEは証券取引所やブローカーに行かなくても、オンラインで人々にアプローチすることができるようになる、と伝えている。

「携帯電話を使って、人々は株式市場に投資し、証券を購入することができるようになります。これは、投資家が携帯電話を通じて取引を行うことができたエアテル・マライの上場で証明されたように、すでに実行可能であることが証明されています。」と話している。

最高経営責任者は、市場は投資機会から取り残された人々に手を差し伸べたいと考えていると述べた。

マラウイ消費者協会の専務理事は、モバイル取引は成長の可能性を秘めた巨大な要素であると述べ、次のように反応している。
「この進歩により、より多くの人々を正式な金融サービスに参加させることができます。しかし、私たちが懸念しているのは、マラウイで信頼性が高く、手頃な価格のサービスが提供されていないことです。マラウイの人々は、現在の簡単なプラットフォームではこれらのサービスにアクセスできないのが現状です。携帯電話端末を使った株式取引がスムーズに行われることを願うばかりです。」と話している。

専務理事は、MSEに対して、この取引プラットフォームについて大衆に確実に教育するよう促している。

ブリッジパス・キャピタル・リミテッドのCEOは、先のインタビューで、より多くの人が携帯電話にアクセスできるようになったため、この取り組みにより、市場で投資する人が増えるだろうと伝えている。
「携帯電話では、情報がより早く人々に届きます。そのため、より多くの人が金融サービスにアクセスできるようになる。良い取り組みだと思うので、辛抱強くその展開を待っているところです。」と話している。

国際通貨基金(IMF)が最近行った「金融アクセス調査」によると、マラウイをはじめとする銀行普及率が低い地域の国々では、モバイルマネーの利用が人々の金融アクセスの方法に大きな影響を与えていることが指摘されている。
同調査によると、1平方キロメートルあたりの商業銀行の支店数は2つ未満にとどまっているのに対し、モバイルマネーのエージェント数は18から27に増え、農村部における銀行支店などの従来の金融アクセスポイントの伸びをはるかに上回っていることが明らかになっている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です