【マラウイニュース】裁判所が人種差別的意見からガンジー像建設を拒否

Malawi Court rejects Gandhi statue over racist views

2021年4月29日 | Malawi 24

マラウイ最高裁が、マハトマ・ガンジーの人種差別的な見解から、彼の像を建設すべきではないと判決を下した。
ブランタイヤ市議会の担当判事は象の建設は不合理で不当であるとしている。

2018年インド政府はマラウイ政府に、マハトマ・ガンジー道路のはじまる交差点、クイーン・エリザベス中央病院のラウンドアバウトに銅像を建設してガンジーの名誉を加える提案を行った。

しかし、2人の活動家が議会を法廷に引き込み、ガンジーはアフリカ人を「カファー(アフリカ人の蔑称)」と呼び、さらに野蛮で人間以下の生き物だと嘲笑したと彼らは主張していた。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。