【マラウイニュース】衝撃に備えろ:マラウイで燃料価格高騰

Brace for impact: Malawi to hike fuel prices

2022年3月7日 | Malawi 24

マラウイエネルギー規制庁(MERA)は、ラザルス・チャクウェラ大統領がMERAの新理事会を発足させれば、燃料価格が上昇する可能性が高いと伝えた。

本日発表された声明によると、この値上げはマラウイへの燃料輸送コストの上昇に起因するものだとしている。

石油製品の陸揚げコストを決定する主な要因は、マラウイ・クワチャの対米ドル為替レートと、国際市場における石油精製品のFOB(Free on Board)価格となる。

MERAによると、2021年10月に現在の最高燃料価格が設定されて以来、ガソリン、軽油、灯油の陸揚げコストはそれぞれ16.16%、24.67%、24.71%上昇している。

自動燃料価格調整制度の下では、石油製品の陸揚げコストが±5%のトリガー限界を超えて変動した場合、燃料価格は調整の対象となる。

「MERA理事会は、石油製品の適切な価格を決定するために、陸揚げコストの変化やその他の経済的要因を考慮する」と、当局の声明で述べている。

MERAのスポークスマンは、MERA理事会が不在のため、MERAは現行価格を維持し続けると地元メディアに語っている。

MERAは、最高経営責任者就任が物議を醸したことで理事会が停止して以来、数週間理事会がない状態である。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。