ネノ地区で腸チフスの発生が報告されており、5人が死亡し、56件の感染の疑いの内41件は感染が確認されていると地区保健当局が伝えた。

チフス熱患者は、発熱、頭痛、震え、腹痛の症状を出し、衛星環境、公衆衛生状態の悪さから感染が広がり、便をエサとして飛ぶ昆虫類から感染する場合もある。

WHOの推奨する新しいワクチンを利用する場合、6カ月以上の子どもに適用さ、幼児に接種させることができなかった以前のワクチンと比べて長期的な保護となるので、45歳の大人も接種する可能性がある。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください