SSO in stroke prevention awareness campaign

2021年10月31日 | Malawi 24

毎年10月29日に行われる世界脳卒中デーの記念の一環として、ブランタイヤを拠点とする組織である脳卒中支援機関(SSO)が、マラウイ脳卒中ユニット(MSU)との協力で、ブランタイヤのカチェレ・リハビリテーション・センターからチチリ・ラウンドアバウトまで練り歩き、発作に苦しむ人々への症状をできるだけ小さくする方法、発作の兆候などを書いた看板を掲げていた。

脳卒中は世界で2番目の死因となっており、脳内の欠陥が破裂して出血したり、脳内の血液供給が塞がれた時に起こる。
生活習慣リスクが脳卒中の主因となっており、体重過多、肥満、運動不足、喫煙、ストレス、アルコールの乱用などがある。
他の要因としては、高血圧、高コレステロール、肥満、過去の個人または家族の心臓発作歴もある。

初期の兆候と症状は、とりわけ顔の落ち込み、虚弱、発話障害などがある。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください