Children’s never-ending struggle for clean water access

2021年11月8日 | THE NATION

国連児童基金(Unicef)が、子供たちの安全な飲用水の利用は優先される権利であるため、特権のように扱われるべきではないと発表した。

同時にUnicefは危険な状況で生活している子供たち、特に紛争地帯では、きれいで安全な水の利用できていない可能性があるという。
マラウイは戦争のような紛争状態ではないが、例えば、特に農村部の子供たちは、きれいな飲料水の利用に問題を抱えており、それによって衛生レベルの低下を招いている。

第五回統合世帯調査(IHS5)2020年の報告によると、きれいな水の利用できる世帯の割合は、都市部で97.1%で高く、農村部では86.5%だった。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください