経済専門家が、財政赤字の拡大を強調している政府の2020/21年度の第1四半期の財政計画と運用の失敗に不安を表している。

財務相の発表によると、2020年6月-9月期歳入はK3,041億の予測に対して、K2,772億だった。
また、政府は当期でK1,010億の借り入れを行っていた。

低い予算運用は、貿易量を減少させているCovid-19感染拡大の影響を受けた国際貿易関税の不調に起因しており、期待された歳入を下回っていることは、民間航空と入国管理での歳入に影響を与えている航空旅客規制に起因しているとしている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください