【マラウイニュース】空港消防士がストライキを行い、マラウイ航空の欠航で乗客が立ち往生

Airport firefighters on sit-in strike as Malawi Airlines passengers stranded with flight cancellation

2021年4月7日 | Nyasa Times

消防士らの不満を解消するために3度目の延長がされた、4月1日までの期限が切れ、マラウイのジュニア規定された空港消防士が半ストライキを行い、上官らは業務を午前6時から午後7時までせざるを得なくなった。

国内のすべての空港の空港消防士は、民間航空のディレクター事務所へ、サービス補助員のエントリーポイント(グレードM)を廃止して、グレードKをエントリーポイントとすることを求めて嘆願書を提出した。

一方、水曜の朝に南アフリカのヨハネスブルグへ発つ予定だった約118人のマラウイ航空の乗客が、予定されたボーイング737-700が空港に到着しなかったことで、カムズ国際空港で立ち往生した。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。