穀物取引業者がキャピタル・ヒルでキャンプを行っており、Admarcへ提供された商品について支払いを行わせるようリロングウェの政府閣僚へ求めている。

原産穀物取引協会の会員が、昨年11月から12月に農業開発マーケティング社(Admarc)へ供給したメイズへの支払いをAdmarcができる可能性があるため、農業大臣を介入させるためにリロングウェのキャピタル・ヒルに集結した。

取引業者は、支払いが行われるまで政府公館を離れないと話している。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください