【マラウイニュース】科学技術大学が閉鎖

MUST Closed

2021年2月16日 | Face of Malawi

マラウイ科学技術大学(MUST)が、全学生を対象に一時的に閉鎖されたことが、Face of Malawiの取材により明らかになった。

学生たちは16日午後6時までに大学構内から退去するよう指示されていた。

同大学の学長によると、この決定は、学生がキャンパス内で行っている抗議活動に対応するために大学が開いた会議の結果下されたものだという。
「この決定は、予定された試験を妨害し、職員に嫌がらせをする学生の違法な抗議活動により、学術活動の安全な再開と継続が保証されないためである」と述べている。

大学の経営陣は、キャンパスの安全を確保するための安全対策がすでに講じられていることを付け加えている。
しかし、学生たちの退去に伴い、職員は引き続き注意深く行動するよう勧告されている。

学長は、残りの学期の活動に関する今後の方針は追って連絡するとしている。

学生たちは、経営陣が学費の残高がある一部の学生に対して受験を制限したことに抗議している。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です