【マラウイニュース】科学技術大学が給与でK15億の赤字

Must in K1.5 billion salary deficit

2022年3月14日 | THE NATION

マラウイ科学技術大学(Must)によると、K15億の給与不足に直面しており、このままでは大学に負担がかかるとしている。

Mustの副学長によると、彼らはK28億の全体予算があったが、財務省はそこにK10億を分配したという。

土曜日に行われた教育議会委員会の訪問の傍らで行われたインタビューで、副学長は、資金不足について財務省長官と話し合いをしたという。
「結局のところ、我々はやる気のあるスタッフを準備する必要があり、また、現状では採用が凍結されているため、十分な数のスタッフが必要なのです。」と伝えている。

彼女は、資金不足は例年、大学の重要なプロジェクトを停滞させる原因になっていると述べている。

過去6年間停滞していたプロジェクトの中には、専門研究所の建設、宿泊施設の建設、診断に特化した病院の建設などがある。

宿舎が不足しているため、大学の建設合宿所だった施設に約900人の学生が宿泊している。

その上、副学長によると、大学には職員住宅がなく、職員は毎日ブランタイヤから通勤しているという。しかし、彼女は、Mustは自立するために様々な取り組みを行っていると話している。
「私たちは、資源を生産するのに役立つ取り組みを考えています。例えば、私たちは工業団地を持っていて、いくつかの製品を生産する予定です。だから、私たちは政府の支援を求めているのです」と彼女は伝えている。

別のインタビューでは、ムランジェ南西部選出の議員が、議会教育委員会の委員長を代表して発言し、教育機関が財政的に苦しくならないように、Mustへの資金援助を増やすよう働きかけを行うと述べている。
「我々は、彼らの懸念を聞いたので、問題を国会に持ち帰り、委員会としてどのように資金を増やすよう働きかけるのが最善か検討する。」と伝えている。

委員会は、直面している課題などを評価するために、同機関を訪れている。

Mustは、2012年12月17日に設立された同国の公立大学の一つで、2014年3月に正式に開校した。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です