Study shows that 22-30 percent of patients accessing health services in hospitals have mental health condition

2021年10月27日 | Nyasa Times

独立した研究で、国内の医療機関で医療サービスを利用している約22~30%の患者が、自殺や他の精神疾患を引き起こす鬱などの精神的な問題を抱えていることがわかった。

この研究では、約50%の精神異常はマラウイ人口の大部分で14歳までに始まり、多くが若者だという。
コネクト・プラス・リソース機関(CPRI)による調査では、2021年1月から9月の間で173人が国内で自殺で亡くなっており、一方世界では、アルコールの乱用で300万人が毎年死亡し、40秒に1人が自殺で死亡している。

CPRIの代表は、メンタルヘルス委員会を含むメンタルヘルス法案を制定すべきであり、さらに、全国自殺予防戦略を進める必要があると伝えている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください