【マラウイニュース】産業大臣がサリマのワニ養殖所を視察

Minister Kachale Banda visits crocodile farm in Salima

2021年7月26日 | Nyasa Times

産業大臣が先週末にかけて、サリマで皮と食肉用のワニを繁殖・育成しているニイカ・ファームズを訪れた。
育てられているワニは、生後数日、数カ月、60年の種類がいる。

大臣はニイカ・ファームズのマネージャーへ、政府がこの産業の成長のために、有益な環境を作る意思があること伝えた。

マネージャーによると、これまでこの企業では、12,000頭以上のワニを飼育しており、皮をヨーロッパや海外に輸出する前に、皮の価値を上げるなめし工場を設立する支援を政府に求めていた。
ニイカ・ファームズは、ワニを飼育する30人以上の従業員がおり、大人になったワニは重量が1.2トンまで大きくなる。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。