【マラウイニュース】生活費が上昇していると民間団体

Cost of living rising, says CfSC

2021年2月14日 | THE NATION

センター・フォー・ソーシャル・コンサーン(CfSC)によると、基本的な食料品や非食料品の価格が上昇し続ける中、各家庭は基本的な食料品を入手するのに苦労しているという。

CfSCベーシック・ニーズ・バスケットによると、生活費または一定の生活水準を維持するための費用は、1月に約14%上昇したという。

調査結果によると、6人家族の場合、1ヶ月の生活に必要な金額はK236,000となり、前年のK206,000から上昇している。

CfSCの経済ガバナンスプログラムオフィサーは先週のインタビューで、ほとんどのマラウイ国民が、収入が生活費に反映されていないため、ほとんど生活できていないと話している。
「この数字は、多くのマラウイ人の平均所得水準が、食料品コストや最低生活費などの最低条件を下回っていることを明らかにしています。生活費が食料品と非食料品の両方の一般的な上昇に大きく影響されているという事実は、政府がいかにマラウイ国民の福祉を守るための政策を真剣に打ち出すべきかを明らかにしています。」と伝えている。

CfSCは、現在月額K50,000の最低賃金が引き上げられれば、大多数のマラウイ国民が貧困から脱却するための支援になると考えている。

CfSCは、政府が人口の大多数を占めるマラウイの貧しい人々をも和らげ、受け入れるような予算を策定することを望んでいる。

マラウイ消費者協会の事務局長は金曜日のインタビューで、生活費が上昇し続ける中、消費者にはほとんどゆとりがないと伝えている。
「現在の状況は、経済的にも社会的にも厳しいものです。この先どうなるかは分かりませんが、厳しい時代が来ることは予想できます。今回の予算では、中間層や中小企業に多くの刺激的な支援を行うために、主要部門をいかにして緩和させるかという仕組みを構築してほしかった。」

一方、マラウイエネルギー規制局(Mera)は、石油製品の陸揚げコストに影響を与える主な要因は、国際市場における精製石油製品の船上価格と、ドルに対するクワチャの為替レートであると指摘し、燃料値上げの可能性を示唆している。

先月発表された声明の中で、Meraは、2021年10月に支配的な燃料価格が決定されて以来、クワチャは1ドルあたり平均K823.49から現在の平均K824.48まで、0.12%わずかにドル安になったとしている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です