【マラウイニュース】燃料費削減のための新たな取り組み

New drive to cut fuel costs

2022年6月16日 | THE NATION

ペトロレウム・インポーターズ社 (PIL)は、モザンビークのナカラ港から鉄道による燃料輸入を開始した。

同様に、マラウイ国営石油会社(Nocma)は、リロングウェとブランタイヤの戦略的燃料備蓄を鉄道線に接続するK46億のプロジェクトを完了した後、9月から鉄道による燃料輸入を開始する予定であると伝えている。

火曜日、最初の50万リットルの燃料を納入したトータル・エナジーズ・マラウイ・リミテッド・リンビ・デポでのインタビューで、PILのジェネラルマネージャーは、マラウイでの燃料輸送は鉄道輸送が陸揚げコストを下げるためのソリューションであると考えている、と話している。
「鉄道輸送は、一度に多くのワゴンを運べるため、輸送コストが低く、ロスが少ないという利点があります。鉄道輸送と道路輸送を比較すると、約15%の節約になります。マラウイエネルギー規制庁(Mera)が定めた製品の20%を鉄道で輸送することが目標ですが、現時点では15%で、2年以内に目標を達成したいと考えています」と伝えている。

PILは、ペトローダ (マラウイ) ・リミテッド、プマ・エナジー、トータル・エナジーズ、ヴィヴォ・エナジーという民間の石油販売会社によるコンソーシアムである。

Nocmaの副代表は、15日のインタビューで、フル稼働時には、毎日最低120万リットル、月平均2400万リットルの燃料が鉄道で運ばれてくるだろうと述べている。

彼女は、文書による回答で次のように述べている。
「これは、燃料の陸揚げコストを大幅に削減し、燃料コストの削減に貢献することになります。」

副代表によると、Nocmaはナカラに2300万リットルの燃料在庫を持ち、現在の供給契約に基づいて鉄道で輸送されるのを待っているという。

国家エネルギー政策では、2022年までに燃料の30%をタンザニアのダルエスサラーム回廊から、50%をモザンビークのベイラから陸路で、20%をナカラ回廊から鉄道で輸入するよう規定していますが、Meraによる見直しが行われる予定である。

この動きに対して、チャータード・インスティテュート・オブ・ロジスティクス・アンド・トランスポートのリソース担当者は、この動きは戦略物資である燃料が効率的な輸送手段を使うようにするためのステップではあるが、燃料コストに対する意味はほとんどないだろうと伝えている。
「理想的な状況では、80対20の取り決めが望ましいでしょう。しかしまず第一に、現在の取り決めは賞賛に値するものであり、国として正しい方向に向かっていることを示している」と述べている。

ナカラ・ロジスティックスのコマーシャル&マーケティング・マネージャーによると、同社は以前は中央東アフリカ鉄道であり、鉄道を使って燃料を持ち込む能力を持っていたという。
「Meraが定めた20%の法的要件は、年間約12万トンで、この国が年間60万トンを消費していることから、少なくなっています。もし、12万トンしか運べないのであれば、コスト面で大きな問題が残ります。しかし、すでに始めています。合計56隻のタンカーで、4万2千トンの輸送が可能です」と話している。

Meraの消費者問題・広報担当は、その後、PILとNocmaの取り組みを称賛し、次のように述べている。
「我々は、エネルギー部門のライセンシーが鉄道による燃料運搬を改善し、ルートミックスのパフォーマンスを向上させるために示した積極的な反応を認識しています」

ナカラ・ロジスティクスの数字によると、鉄道輸送には1キロメートル、1トン当たり平均0.06ドル(K49)から0.08ドル(K66)、貨物や道路輸送には1キロメートル、1トン当たり0.10ドル(K82)から0.12ドル(K98)がかかっていることがわかる。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です