【マラウイニュース】燃料価格高騰にミニバスドライバーが対応

Minbus Drivers Reacts To The Rise Of Fuel

2022年4月21日 | Face of Malawi

国内のミニバス運転手は、燃料価格の調整により、自分たちのバスの定員を満たすことが難しく、生活の足しになる仕事の選択肢がなくなってしまったと語っている。

この発言は、木曜日の朝、ブランタイヤ市内のリンビ経由ナンチョリ-マナセ間の運転手である男性が話したものである。
「燃料価格の高騰でビジネスがうまくいっていない。バスのオーナーは一日の終わりまでに目標を達成する必要があり、ビジネスがうまくいっていないと言えば、上司は我々が盗んでいると言うだろう」と彼は言った。

また、乗客の定員をオーバーしているのは、乗客が新しい交通費を払いたがらないからだという。
「私たちは皆、人間です。私たちは彼らを助け、最後には彼らが私たちを助けてくれます。だから、ミニバスの運転手たちは超過勤務をするのです」と彼は説明している。

もう一人のミニバス運転手の男性も同意見で、運転手は家庭の親でもあり、お金で解決しなければならない責任がある。
「上司は今日中に目標を達成しなければならないし、ミニバスは燃料が必要だ。同時に、子供が病気で、妻は薬代と食料を支給してくれるのを待っている。」と話している。

このような問題を解決する唯一の方法は、自分の仕事を守るために「更に乗せる」ことだと彼は言う。

マンゴチ道路のミニバスの運転手は、彼のように長い間略奪を繰り返す運転手にとっては簡単なことではなく、なぜなら客は料金を守ろうとしないので、さらに乗せる以外に方法がないのだ、と言いました。
「政府には、燃料の価格を1リットルあたり1380クワチャから1000クワチャに下げてもらいたいものです。少なくとも、私たちは人々を定員まで運ぶことができます。」と話している。

国内のドライバーは、ミニバスの乗車人数を超えないようにするために、燃料価格を380クワチャに下げることを望んでいるが、もし政府が希望通りの燃料価格に下げたら、ドライバーは乗車人数を超えることをやめるだろうか?

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です