【マラウイニュース】燃料供給に依然として為替問題の影響

Forex challenges still disrupting fuel supply in Malawi

2022年11月5日 | Malawi 24

マラウイエネルギー規制庁(MERA)は、同国が直面している燃料危機の原因は依然として通貨不足であると述べている。

マラウイの燃料危機は悪化の一途をたどっており、運転手は燃料を入手するためにガソリンスタンドで夜を過ごしていると、MERAは昨日の声明でこのように述べている。

MERAによると、マラウイ向けの燃料の積み込みがベイラ港とダルエスサラーム港で止まっているのは、マラウイが燃料代金を支払うための為替がないためだという。

同局は、政府は現在、燃料供給状況を安定させるために輸入業者と協力している、と付け加えている。
「マラウイの主要な燃料輸入業者は信用状を発行しており、燃料供給状況は今後数日で徐々に改善されるだろう」とMERAは述べている。

燃料危機はマラウイで数カ月続いており、ナイジェリアのスーパースター、キス・ダニエルのライブが原因だとされたこともある。

その後、チャクウェラ大統領はマラウイでの外国為替不足が危機の主な原因であることを認めている。

今週月曜日以降、燃料不足が深刻化し、燃料を手に入れるために何時間も給油所で過ごすドライバーもいる。

また、闇市場で推奨小売価格の2倍である1リットルあたり約K4000で燃料を購入しているドライバーもいる。

燃料危機は、輸送料と一部の商品の価格上昇につながっている。

昨日、チャクウェラ大統領の車列が、燃料を待つ車の長い列があるガソリンスタンドを通りかかったとき、嫉妬の声を受けている。

チャクウェラ大統領は、昨夜の政府官邸でのイベントで、マラウイ人の不満の声を聞いて洞察を得たと述べている。

大統領は、このような苦難を経験している市民の声を聞くことは、自分が奉仕するために就任し、政府が奉仕するために選ばれた人々の問題であることを思い出すのに有益であると述べている。

一方大統領は、国連気候変動会議に出席するため、エジプトに出発している。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください