Free electricity connection programme to start with 126,000 people

2021年9月27日 | Nyasa Times

エネルギー鉱業大臣が、マラウイ電力供給公社(ESCOM)が無料電化プログラムを126,000人の農村部のマラウイ人世帯から開始することを発表した。

無料電化と無料水道設置は、トンセ政府、特に現在の副大統領サウロス・チリマ氏に率いられるユナイテッド・トランスフォーメーション・ムーブメント(TUM)が約束したプログラムの一部である。

エネルギー鉱業省によると、開始にはまず、第2フェーズで全国でプログラムを開始する前に、対象者がマラウイ農村部から決定されることになると伝えている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください