【マラウイニュース】漁業が2021年にK1,870億を稼ぐ

Fish rakes in K187bn in 2021

2022年3月17日 | THE NATION

マラウイの2021年の年間魚類生産量は17万3,480トンに増加し、売上からK1,873億をかき集め、前年比1.5%増となった。

2022年マラウイ政府年次経済報告書によると、2020年には17万844トンの魚を生産し、K1,833億を稼ぎ出している。

同報告書によると、漁獲高構成比では、ウシパが全体の58%と最も大きな割合を占める魚種であった。

次いで、ウタカ、カンブジ、ムランバ、ムチェニがそれぞれ11%、5%、3%、2%を占め、農業輸出の担当者は、国がこのセクターのモニタリングを強化する必要性を訴えている。

農業政策の専門家によれば、この傾向は、マラウイの魚の生産と供給に関する監視体制が不十分であるために、チャンスを逃していることを物語っているという。
「マラウイは水産業に関して大きな可能性を秘めていますが、私たちの監視システムは正確な数字を把握していません。マラウイには大きな可能性があるのに、監視システムが正確な数字を把握していないのです。過去5年間、ケージ内養殖が増加し、魚の生産量が増え、様々な種類の魚から収入が得られるようになりました」と話している。

専門家によると、マラウイは適切なシステムを導入すれば、魚の販売から有意義な収入を得るために必要なものはすべて揃っているという。

漁業局長は、ウシパやその他の小型魚種の生産が増えたために、水産業の収益が減少しているとの見解を示している。
「生息地の劣化、漁業規制の不遵守、湖岸の漁業コミュニティの限られた代替収入源など、さまざまな理由により、私たちの湖の魚類資源は確かに減少しています。魚の総生産量を見ると、増えていると言えるのは、60%以上がウシパなどの小型魚類であることだ」と述べている。

局長は、政府はマラウイ湖の船舶監視システムの導入、漁業規則の見直し、ソーラーレンタルドライヤーなどの優れた水産加工施設の導入による魚の品質向上など、いくつかの対策を実施してきたと伝えている。

水産業は、国の歳入を生み出すだけでなく、マラウイ人の食事性動物性タンパク質摂取量の約70%、タンパク質供給量全体の40%を占めており、依然として国の重要な産業であると言える。

一方、政府は、魚の生産量が現在の17万3,480トンから、2022年には17万8,684トン、2023年には18万2,258トンに増加し、それぞれK1,948億、K2,005億に増加すると予測している。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です