【マラウイニュース】清掃員たちがムズズ大学校内での使用済みコンドームのポイ捨てに不満

Cleaners complain of careless disposal of used condoms on Mzuni campus

2021年8月3日 | Nyasa Times

ムズズ大学のキャンパス内で生活している生徒たちが、多くの住居施設の中や周りで使用済みコンドームを不適切に捨てており、大学の清掃員らは真剣に抗議をしている。

報告によると、キャンパスでのコンドームの増加は、主に2つのホステルの利用者により悪化させられており、その2つのホステルは、残りの学期については1学年にだけ割り当てられたものだった。

散らかされて捨てられた使用済みコンドームの数は、金曜に一気に増えており、金曜は1学年の生徒のが期末試験が終わった日だった。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。