マラウイの汚職防止局(ACB)が公務員へ対して、国民への福祉改善と国家の発展のために、態度を変化させ汚職と戦う役割を主導するように求めた。

当局はリロングウェのキャピタル・ヒルで公務員との啓発会議で発表された。
会議の前には、11月8日から12月8日にスタートされる年に一度の反汚職啓発月間の開始となる、市内パレードが開催されていた。

政府は12月9日に、国際汚職防止デーを記念する他の国々に参加するために、ブランタイヤのマウント・ソシュで国家イベントを開催することになっている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください