【マラウイニュース】汚職規制局が113番のフリーダイヤルを再開

ACB revives its toll free line

2021年7月16日 | Nyasa Times

国内の汚職と賄賂を終わらせるための必死の試みとして、マラウイの汚職防止機関である汚職規制局(ACB)が、国民が匿名で公務員の汚職に対して申し入れをすることができるフリーダイヤルを再開することになった。

ACBの首席広報官が、当局の声明の中でこれを発表しており、TNMとエアテル両方の回線加入者が利用可能となっている。

広報官は汚職の通報以外の目的でフリーダイヤルを利用することのないように国民へ忠告している。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。