【マラウイニュース】汚職規制局が所有者変更前の車両、土地、住宅の調査を停止

ACB suspends vetting of cars, land, houses before ownership changes

2021年8月6日 | Nyasa Times

汚職規制局(ACB)が、8月6日から、所有者変更前の車両、土地、住宅の調査と通関手続きを停止することを発表した。

規制当局は、犯罪収益の破棄や秘匿を防ぐことを目的とした汚職法の第10条に従った要求を課している。このような申請の調査を行う決定は、ラザルス・チャクウェラ大統領主任後すぐに行われており、大統領は汚職と公的資源乱用の排除を約束をして2020年7月23日に当選したが、それに関連しているのか偶然なのかは明確である。

この停止処置は、新たに最近就任した規制局ディレクターの下で実施され、彼女は戦闘的できらびやかなマラウイ・オンブズマンでの経験がある。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。