汚職撲滅組織である汚職対策局(ACB)が、議会内の多くの汚職の懸念が集まる中、地区議会によるK10億のマスク購入の監視に着手した。

ACBのスポークスパーソンによると、当局はマスク調達手続きにおける汚職を防ぐために、マスク購入を監視すると伝えている。

いくつかの議会の代表は、政府支援のマスク計画用の割り当て分をすでに受け取っていると伝えている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください