【マラウイニュース】毎年約190億立方メートルの雨水を損失

Malawi Loses About 19 billion Cubic Meters of Rainwater Annually

2021年1月17日 | ZODIAK

マラウイ雨水利用協会は、雨水利用技術に投資しなかったために、毎年約190億立方メートルの雨水が表流水として失われていることを明らかにした。
同協会の会長は、Zodiakのインタビューに応じ、この状況を憂慮すべきものとし、この無駄な水は、乾季の国内需要、農業需要、工業需要を満たすのに十分であると述べている。

また、雨水は大規模なダム以外にも、浸透池の建設や畑の植生回復などの農法によって利用することが可能であると述べている。

彼は、今年の雨季を利用してできるだけ多くの雨水を集めるよう国内の人々に呼びかけている。
これは、雨水農業への過度の依存と同様に、乾燥した季節を避けるために大きな役割を果たすと伝えている。
「今年は雨の降り始めが遅かったのです。今年は雨の降り始めが遅かったので、雨季の中でも乾燥した時期がある可能性がある。前シーズンに十分な雨水を蓄えておけば、このような問題は起きなかったでしょう。地下水系が十分に補充されていれば、作物はこのような乾燥した時期にも耐えられるはずだ」と伝えている。

林業・天然資源省の水資源サービス部長は、雨水利用があまり進んでいないことを認めている。
しかし、政府は今後2〜3年の間に、全国に約40の主要な雨水貯留ダムを建設する予定であることを明らかにしている。

マラウイの経済は主に農業に依存しており、このセクターは国の総人口の約80%を雇用しています。

しかし、気候変動の影響はこの分野に多くの不確実性をもたらし、専門家は、この国が天水農業に大きく依存するのをやめるべき時が来たと主張している。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。