【マラウイニュース】歳入庁が毎年K500億を不正行為で失う

MRA loses K50bn to fraud yearly

2022年5月25日 | THE NATION

マラウイ歳入庁(MRA)の長官によると、徴税機関は毎年、汚職や不正行為によって約K500億を失っているという。

彼は、火曜日にブランタイヤのムソンコ・ハウスで、汚職防止局(ACB)と覚書に署名した後、このように述べている。

このパートナーシップのもと、両機関は情報収集、科学捜査、脱税に関連する新興分野の知識を交換することになる。

また、汚職を防止するための共同教育プログラムや活動も開発・実施する予定となっている。

この覚書は、最近のアフロボロメーターの調査で、マラウイ人の3分の2が過去1年間に汚職レベルが上昇したと認識し、この悪習と戦うための政府の取り組みを望んでいることが明らかになったことを受けたものである。

この調査では、マラウイ警察を最も腐敗した機関として見ており、MRAがそれに続くという結果も出ている。
長官は次のように述べている。
「私たちは、汚職と脱税のために多くのものを失っています。脱税などの不正行為が発覚すると、非常に憂慮すべき数字が明らかになることがあります。マラウイでは、汚職や不正行為によって500億円から600億円以上の損失が発生している可能性があります。私たちは、この国で最も腐敗していると思われていることもわかっています。」

彼は、当局が汚職の危険性について職員を啓発していると伝えている。
「我々はまた、自動化に入るでしょう。我々が発見したことは、汚職の一部は、多くの人の介入があるために(起こる)、これは我々のスタッフがこれらの慣行に従事する機会を与えるからです」と伝えている。

一方、ACBの事務局長は、このパートナーシップは、税収を保護するために2つの組織をまとめることが期待されると述べている。
「汚職は確かに蔓延しており、汚職の問題を見ると、ほとんどの汚職は公共調達で起こっており、これは税金から来るお金なのです。MRAは、公共サービスなどに使われるはずの税収を集めており、ACBは、その税収を保護し、税収が意図した目的に使われるようにするために存在するのです。したがって、私たちは、この収入を悪用しようとする者が誰であれ、責任を取らされるように、この戦いに備えているのです」と話している。

今年1月に発表されたランキングによると、マラウイは2021年のトランスペアレンシー・インターナショナル腐敗認識指数(CPI)で19位上昇している。

一方、当局の関係者によると、滞納者はMRAを通じて、10年間の累積未納税額が少なくともK1兆にのぼることが記録されている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です