【マラウイニュース】歳入局がアルコール飲料に電子印紙税を導入

MRA to introduce electronic tax stamps on alcoholic drinks

2021年8月3日 | Malawi 24

マラウイ歳入局(MRA)が、歳入電子印紙を全てのアルコール飲料に近いうちに導入し、国内へのアルコール製品の密輸を最小化する方法であると発表している。
歳入印紙や印紙税はシールになっており、書類、アルコール飲料、薬品、他の製品などの税金の徴収や手数料に使用されている。

この電子印紙は、密輸されたお酒や偽物のアルコール飲料から、正規品のアルコールを見分けるのに特別な安全性のある機能を持つことになると、MRAの企業担当部長が伝えている。

マラウイ歳入局は、第77条の2008年関税試行補正案の通過に伴って、国内で製造、販売、輸入されるタバコに印紙の課税を開始していた。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。