【マラウイニュース】株主らがマラウイ証券取引からの上場廃止を求めて司法に訴える中エアテルの利益が急増

Airtel profits skyrocket as shareholders drags company to court to be de-listed from Malawi Stock Exchange

2021年4月10日 | Nyasa Times

国民が高額なエアタイムの費用と高いデータ・バンドルに不満を持っている中、エアテル・マラウイの利益が過去最高のK2,200億となった。
これは2019年のK1,590億から28%増加となる。

当社の財務報告によると、K9,200億からK1兆1,000億への堅調な売上の増加となり、46%がデータ利用を占めており、大部分の人々が感染拡大のピークで在宅勤務となったことが起因としている。

一方、エアテル・マラウイの株主らは、同社を法廷に訴えており、マラウイ証券取引所(MSE)からの上場廃止を求め、2019年に上場した際にK57億の訴訟についての将来的な投資情報を隠していたことを訴追している。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。