Blame game on expired drugs

2021年11月25日 | THE NATION

マラウイは過去3年間、公立病院での薬品の在庫切れの中、K100億相当の期限切れ薬品と医療品が破棄されてきている。中央薬品保管トラスト(CMST)は、この現状は管理されていない寄付が大きな原因であり、保健省(MoH)はこの指摘に混乱していると伝え、さらなる情報を求めている。

リロングウェでの医療国会委員会での発表で、CMSTは、今年期限切れとなったK20億相当の薬品は、2018年以来、約K100億相当の期限切れ薬品を出してきている流れの一部であると伝えている。

現実的ではない全ての寄付は管理されるべきであり、利害衝突を生み出す可能性もあるとCMSTは提案してる。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください