JTインターナショナル:日本たばこ産業(JTI)が金曜日、K6億5,000万となる15の村の診療所を正式に保健省へ受け渡した。

診療所はルンピ、ムジンバ、カスング、ムチンジ、ドーワ、リロングウェ、ゾンバに建設され、最大75,000人が医療にアクセスできるようになる。

建設資材には、JTIの工場稼働での廃棄物となる石炭灰から作られるブロックを利用して建設された。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください