Japan provides K1.1bn for local production of Covid-19 supplies project

2021年10月28日 | Nyasa Times

日本政府が、マラウイ国内でのCovid-19個人保護具(PPEs)の利用増加を目的としているプロジェクトの実施に対して、138万8,363米ドル(約K11億)の提供を約束した。

合意書によると、日本政府は国連開発計画(UNDP)を通じて資金提供を行い、マラウイ国内の5つの大学と民間セクターと協力してこのプロジェクトを実施することになる。

感染拡大の発生以来、日本政府は経済社会開発計画を通じて、MK22億相当の医療機器、MK5億7,400万となるアフリカコールドチェーン開発での緊急助成金、MK30億となるCovid-19危機対応緊急支援プログラムを提供するために支援を提供している。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください