Eight new betting companies given approval

2021年11月14日 | Malawi 24

8つの賭博企業が、全国宝くじ委員会とマラウイ・ゲーミング委員会からの承認を受けて、マラウイで事業を行うこととなる。

当該企業は、ベティカ、ハリウッド・ベッツ、ヘッズスクウェア、モビペイ、クウィナ、ベタニなどとなる。
マラウイ・ゲーミング委員会のCEOによると、委員会は厳しい審査を行い、17の候補者から8つの企業が審査を通ったという。

昨年政府は獲得賞金の20%の源泉徴収を導入しており、この税は課税(修正)法が施行された2020年11月3日から導入されている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください