2016年に発行された国家証明(IDs)カードが、今年期限切れとなり始め、国民はIDの更新にK2,500の支払いを求められることになる。
国家登録局が発行した声明によると、2021年1月21日から期限切れが発生し始めるという。

IDを紛失した者は、K2,500の更新手数料と共に、最大K10,000が必要となる警察の報告書を提出しなければならない。

ID記載の期限日が含まれるのかどうかという疑問が常に上がっており、更新を通して政府が金集めをしているのではないかと疑う者もいる。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください