【マラウイニュース】政府がVAT法案を公布も調理油の価格は下がらず

Cooking oil prices refuse to go down as govt gazettes VAT Bill

2022年4月5日 | Nyasa Times

2022年4月1日に付加価値税が廃止されるにもかかわらず、食用油の価格が高止まりしているため、国内の消費者は食用油を買うために懐を痛め続けることとなる。

政府は、食用油メーカーに価格を下げさせるために、食用油の16.5%の付加価値税を撤廃している。

しかし、店頭の食用油の価格を調べてみると、付加価値税が撤廃される前と同じように高値で取引されていることがわかる。

政府は、食用油やその他の商品に対する16.5%の課税を撤廃するための付加価値税(VAT)法案を公布している。

この動きは、チャクウェラ大統領が課税修正法案とVAT修正法案に同意した後に行われている。

財務経済計画省の報道官は、法案が公布されたことを確認している。

報道官は、政府は、すべての小売業者と利害関係者が法律に従って、必要なVAT調整を実施することを期待していると伝えている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です