Experts predict serious food security crisis ahead if Malawi doesn’t check surging fertilizer prices

2021年9月17日 | Nyasa Times

専門家らが、政府が特に肥料などの農業資源の価格高騰を抑えなければ、2022年にマラウイは食糧保障の危機に直面する可能性があると警告した。

種子補助金削減のような取得可能資源プログラム(AIP)の範囲縮小したり、肥料調達で民間分門を回避しても、現在の肥料補助レベルを維持するのに大きなコスト削減にはならないと警告している。

国家計画委員会(NPC)の知識学習部門長によると、彼の研究では、肥料価格の上昇によってマラウイの国家食糧保障の達成能力を妨げているとしている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください