【マラウイニュース】政府が義務教育に着手

Govt to embark on compulsory education

2022年3月11日 | Face of Malawi

政府は、同国の教育セクターを改善するため、義務的基礎教育(CBE)の実施に向けた準備を行うことを約束した。

教育大臣は、水曜日にリロングウェで行われた「政府記者対面」のバナーの下で行われた記者会見で、このことを発言している。

彼女は、この施策は、小学校への純就学率が89%という現状から、100%の義務教育への移行を意味すると話している。
「教室や学校の建設、より多くの教師の採用や研修、教材調達に加え、私の省は義務基礎教育の効果的な実施を確保するため、多くの戦略的活動を行っています」と述べた。

初等義務教育に関する国際的な法律文書の整合性、学習者の読み書き能力向上のためのカリキュラム開発、教師の専門的地位・立場・質を高めるための教師評議会の設立などが、CBEの円滑な実施のために予定されている戦略的活動である。

情報デジタル担当大臣は、CBEの成功に大きな期待を寄せている。

また、政府はCBEが実施されるように必要なリソースを提供し、それによってセクターを改善することを約束すると伝えた。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です