【マラウイニュース】政府が湖畔での会議を禁止

Govt bans lakeshore meetings

2022年6月8日 | Malawi 24

新しく任命された大統領・内閣長官(SPC)は、マラウイの経済的困難の中で資源を節約する方法として、公務員の勤務地外での会議をすべて禁止した。

長官は、公務員のためのすべての湖畔でのミーティングは即座に禁止されると述べている。

そのため、公官庁の会議はすべて各公官庁の役員室で行わなければならないと伝えている。
「どの政府機関も準政府機関もマンゴチやサリマで会議を行うことは許可されていない」と長官は話している。

彼女は、リロングウェに拠点を置く政府機関のためのムポネラでの会議も禁止されていると付け加えている。

ザンバによると、この措置は、ラザルス・チャクウェラ大統領によって発表された他の措置とともに、公的資源の浪費を止めるのに貢献するものである。

先週、チャクウェラ大統領は、今年の残りの期間、各公務員の出張回数を3回に制限し、仕事、トレーニング、ワークショップ、会議のための全額出資の出張に対する手当を廃止するなど、様々な措置を発表している。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。