【マラウイニュース】政府が新たな都市計画を開始

Malawi launches new cities plan

2022年6月1日 | THE NATION

持続可能な経済成長と市民の幅広い社会福祉の向上を促進するため、政府は昨日、マラウイ二次都市計画(MSCP)を開始した。

リロングウェで行われた発表会で、地方自治大臣は、人口増加の影響は市民の生活に大きな影響を与え、スラムの増加、不十分なサービス提供、道路の混雑、汚染や水問題、治安の悪化、既存都市の環境悪化につながっていると述べている。
「マラウイ地方都市計画は、マラウイにおける民主的な発展型地方政府システムの確立を目指す地方分権化政策改革とうまく調和しています。都市化は、鉱業、農産業、観光業などの生産的な投資と結びついています。したがって、世界的な都市を目指す私たちは、誰も取り残さないように、4つ以上の都市を持つ必要があるのです」と伝えている。

この構想は、「持続可能な開発目標」の第11項にある「都市と居住地を包括的で、安全、回復力があり、持続可能なものにする」という都市化を推進する鍵として注目されており、「第二次都市計画」はマラウイ2063のマラウイ実施計画(MIP-1)の都市化の柱に沿ったものとなっている。

政府は、この計画は国家と非国家主体が関与して実施されるとし、カロンガ、ンカタベイ、カスング、サリマのチポカ、マンゴチ、マチンガのリウォンデ、チョロのルヘンザ、ンサンジェのバングラの8つの副都心を試験的に開発することを目指している。

地方自治大臣は、2019年から2025年の間に主要都市の人口が18.3%増加すると述べている。
「これは、2019年6月に330万人と予測されたマラウイの主要都市の人口が、2023年には420万人に達すると予測されることを意味します。」と話している。

声明の中で、国土大臣は、同省がこの構想の下でのすべての開発で土地が利用できるようにすると述べている。

また、同省は、清潔で秩序があり雇用を生み出す都市を実現するために、高い開発基準を維持しつつ、近代的で未来志向、国内外の投資家にとって魅力的なマスタープランを作成するというコミットメントを示している。

この発表会では、いくつかの機関がこの計画に沿ったプロジェクトを紹介している。

その中には、シェファード・ブシリ・インベストメンツによるモンキーベイのゴシェン・シティ、チポカ漁港農業インフラ開発プロジェクト、湖畔都市の養魚飼料製造工場の設立、マラウイ農業・産業投資株式会社(Maiic)によるバングラ・ロジスティクス・ハブの開発などのプロジェクトが含まれている。

民間投資家を代表して発言した預言者シェパード・ブシリ氏は、彼らはゴシェン・シティのプロジェクトに第1期と第2期で5000万ドル(約501億円)を投資しており、第1期は今年12月に終了する予定だと述べている。

彼は、このプロジェクトは4000人の雇用を創出し、今後いくつかの段階を経て、10万人が雇用されることを想定していると伝えている。

ブシリ氏は、ゴシェン・シティのプロジェクトが直面している大きな課題として、道路インフラを挙げている。

一方、国家計画委員会の委員長は、このイニシアティブを推進する機関として、8つのパイロット都市を優先的に選択したのは、都市化の可能性、接続性のレベル、その地方にある包括的な富創出の経済機会を主に考慮したためであると述べている。

また、観光、鉱業、商業化された農業、物流、輸送など、持続可能な経済活動を中心に二次都市を開発することが、これまでの取り組みとの違いになると話している。
「選ばれた都市はパイロット都市ですが、特に既存の主要4都市の周辺には、さらなる発展のためにサポートされる衛星都市が存在します」と委員長は話している。

MSCPは、政府高官から民間組織や機関まで、多くのステークホルダーと3年間関わってきた結果であり、長期・中期開発計画を含むマラウイ2063ビジョンを支援するものである。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です