【マラウイニュース】政府が改正林業法に関する懸念に対応

Govt reacts to concerns on amended Forestry Act

2022年7月15日 | THE NATION

天然資源気候変動省の林業副部長は、林業法の改正に関する懸念は、誤った情報と法律の無知に基づくものであると述べている。

水曜日のインタビューで、彼は、改正法は2019年に制定され、約2年間施行され、その間に20台以上の木炭を輸送する車両が押収されたと伝えている。
「多くの人はこの法律に目を通す機会がないから、最低罰則ではなく最高罰則だけに厳しい反応をしているのです。しかし、この法律は違法な炭の生産者を対象にしており、必ずしも消費者を対象にしているわけではない。この改正は7つの分野に焦点を当て、そのうちの1つは木炭の定義で、元の法律にはなかったもので、木炭の規制に影響を及ぼしています。また、伐採可能な商業用人工林の民間企業とのコンセッションも改正の対象です。」と伝えている。

彼は、政府は、木を持っている人々のために、認可された木炭生産を促進していると述べている。
「林業保護の努力を大きく損ねる違法な木炭ビジネスが盛んなため、人々は私有林を保有していても木炭製造のライセンスを取得することができません」と副部長は話している。

環境保護・アドボカシーセンターの事務局長も、この法律に対する様々な反応は、誤った情報によるものだと述べている。
「人々は、政府が木炭の生産と使用を禁止したと思っている。この法律は、木炭を森林生産物として認識し、規制することができるのです。この法律は、持続可能な資源からの木炭の生産を許可しています。」と話している。

事務局長は、政府が代替エネルギー源を提供するまで、人々はこの法律の施行を望んでいない、と述べている。
「代替エネルギー源が限られていることは承知していますが、そのようなエネルギー源がないというのは誤りです。現在では、電気、ガス、練炭、バイオガス、持続可能な木炭が市場に出回っています」と、事務局長は伝えている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です