【マラウイニュース】政府が副都市開発を計画

Government plans to develop secondary cities

2022年4月18日 | Nyasa Times

政府は、国内における副都市プログラムの実施を調整する予定であることを、地方自治大臣が明らかにした。

大臣は、情報デジタル化大臣とともに、木曜日に開催された「政府記者会見」で、国内の地方政府の活動状況を報告し、この計画を発表した。
地方自治大臣は、このプログラムの主な目的は、新しい都市センターを作ることであると伝えている。
「これらは、自治体サービスを向上させ、大都市を取り巻く主要な取引中心地を副都市にアップグレードするものです。」と話している。

大臣は、都市はそれぞれの比較優位性に応じて発展していくだろうと付け加えている。

同大臣は、ドイツ政府が副都市の開発に関心を持っていることを明らかにしている。
しかし、提案されている都市は、カロンガ(北部ゲートウェイシティ)、ンカタベイ(北部首都の湖畔拡張)、マンゴチ/モンキーベイ(国立観光センター)、リウォンデ(上部シレ地域の商業アグリセンター)、ルチェンザ(大ブランタイア地域の農産業ハブ)とバングラ(南部ゲートエリア)だという。

情報デジタル化担当大臣は、政府は地方政府省で壊れたシステムを徐々に整備していると述べている。
「 主に地方自治において、この政府によって修正される必要がある障害がいくつかありました」と彼は話している。

情報デジタル化大臣は、マラウイが発展していくためには、良い基準に基づいて行動することが必要だと伝えている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です