【マラウイニュース】政府が公共機関での調達で中小企業を優先する「命令」

Govt ‘order’ to prioritize local MSME businesses, companies in public procurement

2021年8月17日 | Nyasa Times

経済的に国民が事業を行い公共調達に参加する力を得られるように、省庁や公共機関は地元の中小企業(MSMEs)と疎外されているグループ(若者、女性、障がい者)を国内での公共商品調達、労働、サービスで優先するように政府が指示した。

労働調達(土木建築工事を含む)については、国際競争入札のカテゴリに入るので、地元企業と合弁しているどのような海外建設企業も、そのような取り決めの無い会社に対して競争的優位は持つことになるという。

政府は貿易省と全ての関連政府機関と通して技術的支援を地元の事業者へ提供し、MSMEのマラウイ歳入庁(MRA)、貿易省、公共資産廃棄調達(PPDA)、マラウイ投資貿易センター(MITC)、全ての関連機関への登録を促すという。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です