【マラウイニュース】政府がイロヴォの砂糖輸出を禁止

Govt bans Illovo from exporting sugar

2022年5月9日 | Malawi 24

マラウイ政府は、国内市場での砂糖の供給力を高めるため、貿易産業省を通じてイロヴォ・シュガー社の砂糖の輸出を禁止した。

これは、5月7日(土)に貿易産業大臣がンチャロ・イロヴォ工場を訪問し、国内の砂糖生産に関する現地の状況を確認した際に明らかになったものである。

工場とサトウキビ畑を視察した後、記者会見した大臣は、地元での砂糖不足を解消しようとするイロヴォ社の経営陣の努力に感謝すると述べている。

しかし大臣は、イロヴォ社に7日間の最後通牒を出し、国内での砂糖の供給が安定するまで、他国への製品販売を停止するよう指示している。
「この問題に対する政府の見解は、国内市場が十分に供給されるまで、砂糖の輸出はこれ以上すべきではないというもので、この見直しが行われるまで、いかなる輸出も許可しないし、ここにいるイロヴォのCEOから得た約束も、彼らは必ずそれを実行する。イロヴォ社には、今日から7日間、砂糖の生産と地元での砂糖の供給を正常化するようにと伝えています。つまり、次の週末までには、砂糖の供給が正常に戻るはずで、政府はこれを見守ります」と大臣は話している。

イロヴォ・シュガー・マラウイ社のマネージング・ディレクターは、砂糖不足の原因は、サイクロン・アナによる洪水で40,106トンのサトウキビが失われたことだとして、地元市場への供給を開始したとマラウイ国民に約束している。

マネージング・ディレクターによると、同社は現在、推奨される500トンの砂糖に対し、少なくとも700トンの砂糖を毎日地元市場に供給しており、今週までには事態が正常化することを期待しているという。

大臣が砂糖の輸出を禁止したことに対し、マネージング・ディレクターは、3週間前に国内で砂糖が不足しているという報告があったため、同社はすでに砂糖の輸出を自粛していると話している。
「国内市場が完全に供給されるまで、大臣が来て輸出を停止するのを待つのではなく、自分たちで行いました。マラウイのすべての市場に砂糖を十分に供給することが我々の約束であり、大臣が出した1週間の最終期限内にすべての市場に供給することを再確認させてください。マラウイの人々はパニックにならないでください」と、彼は訴えている。

「もし、緊急に燃料不足が改善されなければ、すぐにでも地元での砂糖の極端な不足を引き起こすだろう。燃料の供給が非常に少なくなっており、このままでは、サトウキビを工場に運ぶことができなくなり、砂糖の製造ができなくなる恐れがあります。」と話している。

大臣は、この苦情に対して、マラウイには十分な燃料があり、マラウイ政府はイロヴォ・シュガー・マラウイ社が十分な燃料を確保できるよう、あらゆる手段を講じると述べ、砂糖生産会社に保証を与えている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。