【マラウイニュース】平和的なデモの後にムズズが混乱へ

Mzuzu turns ugly after peaceful protests

2021年12月4日 | THE NATION

昨今では最も平和的なデモだったと言われ、生活費の上昇に対してのデモがムズズで行われたが、嘆願書が提出されたすぐ後に地獄と化した。

群衆が解散すると、デモのリーダーが群衆に平和に帰宅するように求めたが、一部の人々がM1沿いのチンバンジャで車両を破壊したり、家屋に投石を始めた。

タイヤを燃やし、デモ参加者の一部がチバヴィ、チプトゥラ、カトト地区に散らばり、同様の行為を行っており、モヤレ・バラックスの兵隊と警察が鎮圧に出動して催涙弾を使用した。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です