【マラウイニュース】市場が失われて農家がK23億の損失

2019-2020年の綿の生産と販売時期の分析によると、農家はまだ6,000メータートンの綿を保持しており、kgあたりK389となる、およそK23億ともなる損失になっていることがわかった。

この農家における主要な損失以外にも、この分析は、政府が輸出による歳入に対して250万米ドル(K19億)の損失となることを示している。

最終的な綿の買い手となるのはアドマークで、残った収穫物を買い取ることを表明していたが、政府が買い取りにK222億を割り当てていたにも関わらず、手続きを実行しなかったとされている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。