Discrimination worsens poverty levels among elderly in Chikwawa

2021年10月22日 | Malawi 24

チクワワ当局が、この県での高齢者を対象とする高い頻度での慣習的な差別とスティグマによって、そのほとんどの高齢者がさらに危険な状況となり、貧困化していると明かした。

ゴールデン・エイジ基金がこの県のムガブ長老のエリアにいる200人以上の高齢者を支援した際に明かされており、この支援は母の日のお祝いの一環で、服や毛布のプレゼントが行われた。

周知のように、高齢者は以前のようにもう働くことはできず、他人に頼るようになっており、このような高齢者のほとんどが、食糧、服、家のような基本的な必需品が不足している。しかし、このような高齢者の面倒を見るべき人々が、彼らにスティグマを与え、無視している再先方なのは悲しいことであり、本当に問題であると、ゴールデン・エイジ基金の理事長が伝えている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください