PPPC progresses on 350MW Mpatamanga power project

2021年10月6日 | THE NATION

官民パートナーシップ委員会(PPPC)が、350メガワット(MW)マパタマンガ水力発電プロジェクトが具体化しており、投資家たちは評価のための最終的な技術的、財務的な提案をすでに提出したと伝えている。

PPPCは、4年間で完成させることを予定したこのプロジェクトのコンソーシアムとして実施するために、オランダSNパワー・インベストメントとフランスSA電力の二つのエネルギー企業を候補に挙げていた。

PPPC代表によると、現在この2社からの提案内容を精査中であるとしている。

国内の現在の電力需要は約800MWと予想されており、電力発電公社の総発電能力は441.95MWで、約358MWのギャップがある。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください